サヤ取りの仕組みサヤ取りの説明

サヤ取りの具体例

サヤ取り投資は、「買い」と「売り」を同時に保有する両建て売買の投資です。

2銘柄の株式を両建てする事によって、実際にどのようになるのか、その原理を分かりやすい例として具体的に日本を代表する銀行の「三菱UFJ」と「三井住友」を例に解説します。

日本に上場する同じ銀行業の株式ですので、下記の株価比較チャートを見ても分かるように普段から株価は、非常に似た推移をして動いています。

「三菱UFJ」と「三井住友」の株価騰落率比較チャート

銘柄ペア

株式市場全体が上昇している日には、2銘柄とも株価は上昇し、株式市場が下落している日には、2銘柄とも株価は下落しています。

2社の株価はどちらも直近1年間で約40%以上下落している事が分かります。

1年前に100万円分の株式を買い保有していた場合は、40万円損しているイメージです。

もし仮にレバレッジをかけて投資した場合は、運用資金は全て無くなっていてもおかしくないほどの大きな下落といえるでしょう。

投資において1度でもこのような事になれば、追加の資金を投入しない限り再度、投資で復活する事は、基本的にほぼ不可能です。

サヤ取りに相場の下落は関係ない

しかし「三菱UFJ」と「三井住友」のどちらかの株式を買い、もう一方の株式を空売りしていた場合は、上記のような長期の下落でも全く心配する必要はありません。

■買い銘柄:三菱UFJ

■空売り銘柄:三井住友

買い保有している三菱UFJは約40%の損失になっておりますが、同時に売っている三井住友は約40%の利益になり2社の損益の合計は相殺されるからです。

■買い銘柄:三菱UFJは、-40%の大幅な損失

■空売り銘柄:三井住友は、+40%の大幅な利益

この2銘柄を両建てしている際に、万が一リーマンショックのような金融危機や大きな震災やテロのような突発的に株式市場が暴落したとしても、両社の株価は、ほぼ同じパーセンテージで下落する事が予測できます。

このように仮に金融市場の混乱で株価が暴落しても2社の株価は、ほぼ同じパーセンテージで下落するので、どちらか一方が損失になっても、もう一方は大きな利益になります。

暴落の反対に相場が大きく上昇した場合は、上記の損益が逆転します。

サヤ取り投資の損益の考え方は、2銘柄の損益を足し引き合計して考えます。

サヤ取り投資のまとめ

元々値動きの似ている銘柄を両建てしているので、基本的にどちらか一方の銘柄が利益になっている場合は、もう片方の銘柄は、損失になっている事がほとんどです。

この仕組みがあるからこそサヤ取り投資では、株式相場の上下変動に関係のない運用が可能となります。

しかし2銘柄の値動きが似ているとは言っても、三菱UFJと三井住友は、いずれも違う企業です。

大きな相場全体の上下は、ほぼ連動しますが個別の株価の値動きに多少の差が発生します。

例えば、株価下落時に三井住友の株価が三菱UFJに比べて少しでも大きく下落場合は、三井住友の空売りの利益が三菱UFJの買いの損失を上回る事があります。

サヤ取り投資では、こうした2銘柄のサヤ(値動きは似ているのに、一時的に発生している価格差)を狙って利益を狙う仕組みです。

2銘柄の「買い」と「売り」の両建てを行なって、日々の相場の変動は抑えつつ、2銘柄のサヤの伸縮から2銘柄の合計損益が利益になった状態で、2銘柄の同時決済を目標に運用を行なう。

これがサヤ取り投資の仕組みです。

サヤ取りの説明 ←:前の説明へ)(次の説明へ:→ 空売り(信用売り)の説明

より詳しく、まとまったサヤ取り投資の解説が欲しい方はコチラ

サヤ取り投資書籍

相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術 -サヤ取り投資が儲かる理由-

【無料】サヤ取り投資情報

メールアドレス

メルマガ登録を行うとすぐに完了通知がアドレス宛てに届きます。
登録完了通知が届かない場合は、迷惑メールフォルダのご確認ください。


※携帯アドレスでは受信出来ない可能性があります。

※ドメインは「@investars.jp」より送信されます。

※独自システムからの配信ですので、弊社以外からのメールは一切届きません。

※いつでも簡単に購読解除出来ます。安心してお試し登録ください。