サヤ取りの優位性サヤ取りの説明

サヤ取りの優位性

サヤ取り投資という言葉を初めて聞く方は多いと思いますがサヤ取り投資は、日本でも米相場の時代からある伝統的な投資手法です。

そして世界の金融の中心であるアメリカ、ニューヨークのウォール街で、投資でお金を殖やすことをビジネスにしているヘッジファンドの多くがサヤ取り投資を行っています。

投資の世界では「買い」のことをロング「売り」のことをショートと呼びます。

「買い=ロング」

「売り=ショート」

「買い」のロングと「売り」のショートを同時に投資するため、両建て売買は「ロングショート」と呼ばれています。

ロングショート戦略は、ヘッジファンドが最も利用する王道の投資戦略です。

サヤ取りの説明

海外の金融には、世界中から最高に優秀な人材達が集まります。

その理由は、単純明快でありヘッジファンドは「お給料」が良いからです。

海外の金融業は、日本とは違いエリートは、飛びぬけて高い給料を得る事が出来るのです。

過去これまでのヘッジファンドの過去最高の年収は4000億円以上と言われています。

上記は、究極の例ですが数千万~億の年収をもらっている社員が沢山いるのは事実です。

1億円の年収を獲得する社員は、当然ながら1億円以上を稼ぎ会社に貢献しています。

そんな投資業界の最高峰であるヘッジファンドがサヤ取りという投資戦略を選ぶ目的は、

サヤ取りの仕組み ←:前の説明へ)(次の説明へ:→ サヤ取りのメリット

より詳しく、まとまったサヤ取り投資の解説が欲しい方はコチラ

サヤ取り投資書籍

相場の上下は考えない「期待値」で考える株式トレード術 -サヤ取り投資が儲かる理由-

【無料】サヤ取り投資情報

メールアドレス

メルマガ登録を行うとすぐに完了通知がアドレス宛てに届きます。
登録完了通知が届かない場合は、迷惑メールフォルダのご確認ください。


※携帯アドレスでは受信出来ない可能性があります。

※ドメインは「@investars.jp」より送信されます。

※独自システムからの配信ですので、弊社以外からのメールは一切届きません。

※いつでも簡単に購読解除出来ます。安心してお試し登録ください。